HOME>オススメ情報>賃貸はハード面の管理とソフト面の管理の両方が必要

賃貸物件には2つの管理が必要

女性

大家になる以上、賃貸管理についての知識全般を勉強することは必須です。ただ、細かい部分から始めてしまうと理解が困難ですので、まずは大枠から把握しておきましょう。賃貸管理には2種類あり、ひとつがハード面の管理、もう一つがソフト面の管理です。賃貸不動産でハード面の管理と言えば、建物や土地などの不動産そのものの管理を指します。清掃などの美観や衛生管理のほか、消防点検や設備の保守管理なども含まれますし、避けられない経年劣化などの修繕計画の立案やリフォームなどもハード面の管理業務です。これに対してソフト面の管理は、主に賃貸物件の入居者に関する業務です。入居者を見つけるための広告や仲介、家賃や町内会費などの入金管理、クレーム対応などが主な内容です。

管理会社に業務委託した場合の相場は

住宅模型

賃貸管理業務は、大家がすべて行うことも不可能ではありません。小規模の物件であれば、大家も同じ建物に住みながら、管理業務もすべて自身が行うことも可能でしょう。ただ、自宅が別にあったり、複数の物件を管理したり、規模の大きな不動産だったりする場合はなかなかそうもいきません。とても手が回らない場合には、外部の管理会社に委託して業務を行ってもらうのがおすすめです。気になるのは費用ですが、業務委託した場合の相場は家賃の5%~8%程度でしょう。どこまで委託するかによってパーセンテージは変わりますので、任せたい業務を明確にした上で見積もりを取るのが正解です。

パーセンテージだけでは決められない

一軒家

賃貸管理の委託をどう考えるかは、大家によってさまざまでしょう。ただ、見積りを取ったときに、単にパーセンテージだけで委託先を決めてしまうのだけは良くありません。例えばとある会社は5%でもあらゆる賃貸管理業務と滞納保証をしてくれて、ほかの会社は3%でも共有部分の清掃や建物全体の点検などは料金に含まないという場合もあります。後者の場合、何かと別料金が発生し、結局前者より費用が高くつくケースもあり得ます。どこまでサービスに含まれるのか、どこまで任せたいのかをしっかり考えたうえで、できるだけコストの安い委託先を見つけましょう。

広告募集中